アパート、マンションの情報満載

TOPページ  >  そして、新しい生活へ・・。

アパート 賃貸

旧居での最後の仕事

新居のアパートへの引っ越し作業が終わって、旧居の荷物を全て運び出した後は掃除と「原状回復義務」の遂行を残すのみです。

これは何かというと、アパート入居者には「原状回復義務」というものがあり、故意・過失により傷つけたり汚したりしたものを入居者は直さなくてはいけません。 元の部屋の状態から取り替えた部分は、すべて元に戻します。清掃が終ったら、貸主立ち会いのもとで、部屋を引き渡します。

原状回復できないほどの破損や汚れは、敷金から差し引かれ、残りの金額が返ってきますが、「原状回復」にはトラブルが多いので、直すべき箇所などを確認し、貸主の立ち会いのもと、部屋の引き渡しをしましょう。

また、アパートの部屋の鍵も忘れずに返却しましょう。スペアキーを作った場合は、後でトラブルにならないようにスペアキーもあわせて返却しましょう。

また、水道・ガス・電気の料金を日割り精算します。
前もって連絡しておいた水道局やガス会社の人がやってくるので、現金払いで精算を済ませておきましょう。領収書が発行されるので、後々の為に大切にとっておきましょう。

そして最後は、今までお世話になった旧居の大家さん、管理人さん、ご近所、知人などへの挨拶をしていこう。引越当日は何かとバタつくので前日までに済ませておくとよいでしょう。
大家さんや管理人さんへの挨拶のときに、引越当日の部屋の明け渡しや鍵の返却の段取りについて、改めて確認しておきましょう。
ご近所への挨拶では、今までお世話になった事と、引っ越し作業で迷惑がかかったことを詫びましょう。相手も快くあなたを送り出してくれることでしょう。

これで、旧居でする事はすべて終わりました。

そして新しい生活へ・・。

あとは、新居のアパートで、旧居から持ってきた自分の荷物を開梱して、整理する番です。

これは時間がかかりますが、あとは旧居の退去などに比べると、時間的な制限は無いので、
休みの日などに少しづつ、必要な物から整理していきましょう。

また、旧居で挨拶回りをしたように、新居でも挨拶周りは欠かせません。
大家さんや、近隣の住人の方々に挨拶を済ませておくと、
朝、出勤時などに顔を合わせても明るく挨拶が出来て気持ちが良い事と、
困った時には何か助けてくれるかも知れませんよ。

また、友人・知人・旧友などに、新しいアパートに引っ越しをした事を伝えるハガキや、電子メールなどを出してみてはいかがでしょうか。
特に、連絡が滞りがちになっている知り合いなどには、久しぶりに交流を持つきっかけになるかも知れないので、連絡しておくのも損はないでしょう。

Favorite

叶内一彰の紹介
http://sara-ch.com/loop/520676432.html
大型のスーツケース
http://www.suncoshop.com/

最終更新日:2017/2/22

以上でアパートへの引越は終わりです!お疲れ様でした。